洗顔石鹸ポータル案内室~美肌に効果があるような洗顔方法ってどんな方法?

スキンケアにはさまざまな方法がありますが、美肌への一番の近道で肌の健康と清潔に欠かせない方法と言えば、洗顔です。正しい洗顔を毎日きちんと行うだけで驚く程の美肌効果を得ることができます。 - 美肌に効果があるような洗顔方法ってどんな方法?

美肌に効果があるような洗顔方法ってどんな方法?

美肌の秘訣は洗顔にあり

基礎的なスキンケアの中でも洗顔はとても重要な役割を果たすものです。毎日行う洗顔のやり方が間違っていたり、使用する洗顔料が肌質に合っていなかったりすると、スキンケアの一環であるはずの洗顔が肌にとって逆効果になってしまいます。美肌の秘訣は毎日の正しい洗顔にあると言っても過言ではありません。では、正しい洗顔方法とはどのようなものなのでしょうか。

ぬるま湯で洗う

冬場などの寒い季節にはつい、シャワーの温度と同じ温度のお湯で洗顔したりしていませんか?洗顔する温度が高すぎると、シワなどの原因になってしまいます。また、冷水で洗顔するのもあまり肌には良くありません。冷水の刺激で毛穴が縮んでしまい、毛穴の奥の汚れが落ちにくくなってしまいます。正しい洗顔方法は、ぬるま湯で優しくゆっくり丁寧に行うことが大切です。最初にぬるま湯でゆっくりとゆすぎを行うことで毛穴を開き、汚れを落としやすくすることができます。

たっぷり泡立て、優しく洗う

洗顔料を手のひらや泡立てネットでたっぷりと泡立ててから洗うようにします。この段階の手順を怠り、泡立ちが不十分なまま顔にゴシゴシとこすりつけている人もいますが、これは肌を傷める原因になってしまいます。特に、小鼻の周りやおでこなど皮脂分泌が盛んなところほど、清潔に保とうという気持ちが働き、ゴシゴシとこすってしまいがちですが、皮脂分泌の多いところは毛穴が広がりやすいので、注意が必要です。正しい洗顔方法は、たっぷり泡立てた泡を優しく肌にのせ、筋繊維に従って小さな円を描くように、優しくマッサージしながら洗います。筋繊維に沿って洗うことで、毛穴奥の汚れを取り除きやすくし、同時にシワやたるみを防ぎます。

すすぎを念入りにしっかり行う

洗顔フォームを使用して洗顔を行っていた場合は特に、意識をして洗顔後のすすぎを念入りにするようにします。洗顔フォームには合成界面活性剤という洗浄力を上げるための成分が配合されているので、すすぎが不十分であると、この成分が肌の表皮に残り続け、表皮の角質を剥がしてしまうことになります。そうなると、洗顔の度に肌が傷ついてしまうことになるので、蓄積された肌ダメージは相当なものになってしまいます。そうのような肌ダメージを蓄積させないためにも、毎回の洗顔の後にはすすぎを然りと念入りに行うようにしましょう。
洗顔石鹸人気ランキングはこちら

基本的なステップこそが大事

正しい洗顔方法は、どれも基本的な手順を大切にしたもので、何も特別なことや難しいことはありません、肌にとって一番無理のない方法で、清潔な状態を保ち、肌ストレスや肌ダメージを極力なくす、これだけでかなりの効果があります。肌を健やかに保ち、美しく輝かせるには正しい洗顔がとても大切です。肌の健康と美しさに大切なのは、基本的なステップを大切にしたシンプルな洗顔方法です。日頃の洗顔方法を見直すだけで、今まで悩まされてきた肌トラブルから開放されることがあります。もう一度日頃の洗顔方法を今からでも見直して見てください。

新着情報

◆2016/05/18
敏感肌と洗顔の付き合い方を新規投稿しました。
◆2016/04/25
美肌に効果があるような洗顔方法ってどんな方法?の情報を更新しました。
◆2016/04/14
洗顔石鹸で肌のキメを整える2つの方法を新規投稿しました。
◆2016/04/14
低価格な洗顔石鹸に変えてさっぱりを新規投稿しました。
◆2016/04/14
洗顔の主な効果とは?を新規投稿しました。